2010.02.17
 

遠隔からのフルバックアップ

移行作業等の為のフルバックアップを取りたい場合、遠隔から実施可能な方法が有ります。 コンソールで行う必要も無く、無人で指定した時間帯に実行出来ます。

CLPを作成し通常端末からQCTLにサブミットします。
*制約
V5R2以前は出来ません。
媒体は一本に収まること。

<コーディング例>

0001.00   PGM     /*  遠隔自動フルバックアップ */
0002.00   MONMSG  MSGID(CPF0000)
0003.00   DLYJOB   DLY(180)
0003.01             /* 3分間この間にジョブを取り消し可能 */
0004.00   INZTAP   DEV(TAP01) NEWVOL(FULL) CHECK(*NO)
0005.00   DLYJOB   DLY(28800) /* この場合 8 時間 +
0005.01              ここでもまだジョブ取消し可能 */
0006.00   ENDSBS   SBS(*ALL) OPTION(*IMMED) BCHTIMLMT(2160) /* +
0007.00           制限状態  *MAX 36 時間 */
0008.00   DLYJOB   DLY(1200) /* 20 分間 */
0009.00   SAVSYS   DEV(TAP01) ENDOPT(*LEAVE)
0010.00   SAVLIB   LIB(*NONSYS) DEV(TAP01) ENDOPT(*LEAVE)
0011.00   SAVDLO   DLO(*ALL) DEV(TAP01) ENDOPT(*LEAVE)
0012.00   SAV     DEV('/QSYS.LIB/TAP01.DEVD') OBJ(('/*') +
0013.00            ('/QSYS.LIB' *OMIT) ('/QDLS' *OMIT)) +
0014.00            ENDOPT(*LEAVE)
0015.00   CPYIGCTBL IGCTBL(QIGC2424) OPTION(*OUT) DEV(TAP01) +
0015.01           ENDOPT(*LEAVE)
0016.00   CPYIGCTBL IGCTBL(QIGC3232) OPTION(*OUT) DEV(TAP01)
0017.00   DSPJOBLOG OUTPUT(*PRINT)
0018.00  /* STRSBS   SBSD(QCTL)  必要無し(テスト済み)*/
0019.00   ENDPGM

上記の例だと何か障害があっても36時間後には制限状態は解除されます。

*注意 処理中に本体パネルにA9003C70が表示され、アテンションランプが点きますが、動いていますので止めないで下さい(処理が終わると消えます)。

SBMJOB CMD(CALL PGM(ALIB/AUTFULLBK)) JOB(AUTFULLBK) JOBQ(QCTL)

下記WRKACTJOBで確認

活動ジョブの処理

QCTL     QSYS    SBS   .0          DEQW
AUTFULLBK  AOKI     BCH   .0 DLY-28800 DLYW <===これです
DSP01    QSECOFR   INT   .0 * -CMDENT    DSPW
QSYSSCD   QPGMR    BCH   .0 PGM-QEZSCNEP EVTW

ページトップ

ボタン