2010.09.21
 

ネットマスクを設定する

Question

私たちの会社内のネットワーク IP サブネットは 192.168.140.x です。リモート・データ・センターは 192.168.1.x と 192.168.3.x にあり、そこに接続しようとしているのですが、できません。NETSTAT コマンドを実行し、オプション 2 を選択すると、以下の経路が表示されます。

192.168.0.0 255.255.0.0 *DIRECT.

これは、すべての 192.168.x.x をローカルに経路指定するということです。システムがリモート・データ・サイトの IP サブネットがローカル・アドレスだと認識しており、このため同サイトに接続できないと考えています。しかし、この経路を削除するのに、その定義されている場所がわかりません。この IP アドレス範囲に関連するエントリーは CFGTCP オプション 2 (Work with Routes) 内にはなく、最後にシステムを IPL したときに、起動時に経路が自らを再作成しました。この経路を削除できるよう、その構成をどのように見つけたらよいでしょうか。

Answer

表示されている *DIRECT 経路エントリーは、System i サーバーが 192.168.x.x 範囲のアドレスに直接物理 TCP/IP リンクを持っていることを意味しています。このエントリーは削除できません。誤ったサブネット・マスク (「ネットマスク」) が TCP/IP インターフェースに定義されているようです。ネットワークはネットマスクとして 255.255.255.0 を使用するよう設計されていますが、誰かがネットマスク 255.255.0.0 でSystem i サーバーを構成したのです。

ネットマスクは、IP のどの部分をローカル (したがって *DIRECT) として表示し、どの部分がルーターまたはゲートウェイを通過する必要があるかを制御します。ネットマスクを変更するには、CFGTCP を使用し、オプション 1 を選択します。

現在の構成によっては、既存の経路を削除して、再度追加しなければならない場合や、 TCP インターフェースを停止または開始しなければならない場合があります。

ページトップ

ボタン