2011.10.24
 

CHGSMTPAの不具合

CHGSMTPAでF4を押すとすべての項目で既存値を取得できず、*SAMEになります。CPD680Bの「プロンプト一時変更プログラムのコマンド・ストリングでエラーが検出された。」と24行目にエラーが表示された場合、以下のとおり対応してください。

F3或はF12で終了すると「CPD0084」のパラメーター IFCDMN に対して '*ALL ' が正しくない。とさらにエラーメッセージが表示されます。

対応策

QUSRSYSの「QATMSMTP」をRENAMEした後に、CHGSMTPAでF4を押すとV6.1の基準値をセットして「QATMSMTP」が新規で作成されます。その状態で入力して登録してください。

ページトップ

ボタン