2012.02.20
 

IPL時「TCP8500」エラーMSGがあがってくる

移行作業時に「TCP8500:構成エラー」のメッセージが確認されることがあります。
この現象は*DFTROUTEに指定したアドレスが、ネットワーク上に存在しない場合に発生するエラーなので、特に問題はありません。
以下は、参考情報です。

※ 環境・・・8202-E4C V7R1M0 累積:11270

現象

IPLをすると、「TCP8500:構成エラーのためにL2TPサーバーが始動できません」のメッセージが表示される。

構成プロファイルを確認すると、「QL2TPxx」というようなプロファイルが自動的に作成されている。

原因

*DFTROUTE が存在しない、あるいは存在していても「ネクスト・ホップ」がネットワーク上に存在しない場合に発生します。

IBMに確認したところ、サービスエージェントの設定をしていなくても、IPLの際に、サービスエージェントの情報として自動的に作成されるそうです。

しかしながら、使用していない場合は、一度作成した後自動的に削除される動きをするが、「*DFTROUTE」がないと、エラー検出されてしまい、消されないで残ってしまうようです。

対応方法

*DFTROUTE がネットワーク上に存在すれば発生しないエラーなので、特に対応は不要ですが、発生させたくない場合は、以下の操作にて、発生させないことができます。

  1. IFSエリアの以下のデータを編集します。
    「/QIBM/UserData/OS400/UniversalConnection/eccBase.
    properties」
    ===========================================
    ************* データの始め ****************
    # eCare Client Base Runtime properties
    AUDITLOG_COUNT = 2
    AUDITLOG_MAXSIZE_MB = 2
    AUTO_CONFIGURE_CONNECTIVITY = YES
    CONNECTIVITY_CONFIG_DIR = /qibm/userdata/os400/universalconnection
    INVENTORY_COLLECTION_CONFIG_DIR = /qibm/proddata/os/service/ecs
    LOG_DIR = /qibm/userdata/os400/universalconnection/log
    PLATFORM_EXTENSION_CLASS = com.ibm.universalconnection.commonextensions.Common
    PlatformExtensions
    PRODUCT_DIR = /qibm/proddata/os/service/ecs
    TRACE_LEVEL = INFO
    TRACELOG_MAXSIZE_MB = 20
    ===========================================
    => 「AUTO_CONFIGURE_CONNECTIVITY = YES」 の「YES」を「NO」にします。
  2. 既に作成されている構成プロファイル「QL2TPxx」を削除します。
    ※ 一度オフにしてからでないと消せません。

以上で、IPL後にこのエラーは発生しなくなります。

ページトップ

ボタン