2012.07.23
 

フィールド記述を変更する

Question

以前から使用している古いファイルがあるのですが、その記述の一部が間違っており、困っています。フィールド名と記述(カラムヘディング:COLHDG)上では、「CASE」と表記されており、数量がケース単位かのように見えていますが、実際には、これらのフィールドの数量を 単品として使用しています。フィールドテキストを扱う場面で、使用者に混乱を招いています。

ファイル名やフィールド名は変更しなくとも良いので、(CHGPF コマンドを使うなどして) レベルチェックエラーや他の問題を発生させずに、フィールドテキストだけを修正する方法はありませんでしょうか。

Answer

IBM のインフォメーション・センターの記載によると、TEXT キーワードやCOLHDGキーワードはレベル検査を行わなくても変更できるようです。DDS上で記述されていても、次のように SQL コマンド LABEL ON COLUMN を使用すれば変更が可能です。

TEXTの場合:
LABEL ON COLUMN Liblary/File (Field TEXT IS '△△△△')
COLHDGの場合:
LABEL ON COLUMN Liblary/File (Field IS '△△△△')
DSPFFD(ファイル・フィールド記述表示)コマンドにて確認することができます。

【参考URL情報】
http://publib.boulder.ibm.com/infocenter/iseries/v7r1m0/
topic/dbp/rbafoecffd.htm

ページトップ

ボタン