2013.04.15
 

CPYFを行った時に表示される、5250エミュレータ画面下のメッセージを非表示にする方法

Question

処理の中のプロセスの中にCPYFがあります。
CPYF実行時にユーザーの5250エミュレータ画面下に関連のメッセージが表示されますがCPYFはプログラムのあくまで一か所で、ユーザーにとってはCPYFをしている認識がありません。メッセージ表示をさせなくするにはどのようにすればよいでしょうか。

Answer

メッセージ表示の予防には、CHGJOB STSMSG(*NONE)を実行すればよいでしょう。これでステータスメッセージは表示されなくなります。
CHGJOB STSMSG(*NORMAL)を実行すれば、またステータスメッセージが表示されるようになります。
より良いのは、処理の前にRTVJOBA STSMSG(&STSMSG)で、値を保管してから、CHGJOB STSMSG(*NONE)を行い、さらに処理が終わった後に変更前の値に戻す処理として、CHGJOB STSMSG(&STSMSG)を組込む方法です。

ページトップ

ボタン