2013.08.19
 

ユーザープロファイルが使用できなくなる原因

現象

業務に頻繁に使用する、あるユーザープロファイルが急に使用できなくなりました。 今後このような事態が起こらないようにするため、考えられる原因を教えてください。

解決方法

ユーザープロファイルが非活動化する(DSPUSRPRFで確認した時に、STATUSが*DISABLEDになっている)原因はいくつか考えられますが、システム値QMAXSIGNに指定した回数以上パスワードを誤入力したことによる非活動化が一般的です。マクロの設定や、クライアントアクセスのサインオンポップアップのバッチファイルに誤ったパスワードを設定したため、知らずに一定回数以上誤入力を行っていることも多くあります。次に多いのは、ユーザーが作成したPGMによる非活動化です。誤入力が発生する要因がない場合、ほとんどがこちらに属します。ごく稀にある原因としては、セキュリティ強化のために以前ANZPRFACTを設定していた、というものがあります。ANZPRFACTで指定した日数以上、ユーザーを使用していない場合、システムが自動で対象のユーザーを非活動化します。

ページトップ

ボタン