2014.04.16
 

WindowsVista以降のRUNRMTCMD(着信リモート・コマンド機能)の使い方の変更について

Question

クライアントアクセスで、着信リモート・コマンド機能を利用していました。今回新しいPCにかえ、クライアントアクセスもIBM i Access for Windowsにバージョンアップし、同機能を使ってRUNRMTCMDを実行しようとしたのですが、うまくいきません。

Answer

RUNRMTCMDは、現在は、着信リモート・コマンドの設定でなくPCのコントロールパネル側で調整を行うのが一般的なようです。
コントロールパネル→管理ツール→サービス→cwdrxdを開始し、hostsファイルにはASのIPとホスト名を登録してください。
Windows7の場合は、RUNRMTCMD実行後、そのまま開始するのではなく、ユーザーの確認のポップアップが現れます。それをクリックすることで、RUNRMTCMDでの命令が開始されます。ポップアップは、『対話型サービスの検出』というものです。『メッセージの表示』を実行しないと、RUNRMTCMDで実行した内容を確認する事が出来ません。
以下がIBMの情報となります(英文)
http://www-01.ibm.com/support/docview.wss?uid=nas1a9b95824264ef0518625748f004636a4
このポップアップに対する処置を回避する方法として、Microsoft社にてフリープログラムが提供されております。
【PsExec】
http://technet.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/bb897553

ページトップ

ボタン