2016.04.28
 

ACSでスプールファイルをテキスト化する方法(「プリンター出力」による出力)

Question

Access Client Solutions(以下ACS)では、iナビが使えないと認識しています。過去に、iナビでスプールファイルをテキスト化する作業を時々行っていたのですが、ACSでは、PF化してからデータ転送する手段しかないのでしょうか。

Answer

2種類の方法をお答えします。
こちらのページでは「プリンター出力」を使った方法をご案内します。
「Navigator for i」を使った方法は「ACSでスプールファイルをテキスト化する方法(「Navigator for i」による出力)」をご覧ください。

ACSでは、IBM iのHTTPサーバ上にある「IBM Navigator for i」をiナビの代用として利用しております。「IBM Navigator for i」はiナビとほぼ同等の機能を持っており、かつ、PowerHAをご利用の場合は、GUIによるクラスター管理も可能となっております。
メニュー画面の「Navigator for i」をクリックすると、その時に「システム」に指定されていたIBM i上の「Navigator for i」がWebブラウザ上に表示されます。
この「Navigator for i」を利用した方法と、同じくメニュー画面上にある「プリンター出力」を利用する2種類の方法でスプールファイルのテキスト化を行うことができます。

○「プリンター出力」を利用する方法

メインメニューからプリンター出力、またはアクション→一般→プリンター出力を選びます。(どちらからも同じ結果となります。)

ヒント01

IBM i へのサインオンが求められますので利用可能なユーザーでサインオンします。

ヒント02

スプールの一覧が表示されます。
デフォルトではサインオンユーザーのすべてのスプールファイルが表示されます。
※表示までに時間が1分程かかる事があります。

ヒント03

スプールファイル一覧を絞り込む時は「表示」⇒「フィルターの設定」から設定できます。

ヒント04

ページトップ

ボタン