2016.12.13
 

Windows10にクライアントアクセス(Windows10対応外)を入れるとどうなるか

Question

保証外とはわかっているのですが、Windows10にクライアントアクセス(IBM i Access for Windows)を導入しようと思っています。何か問題はありますか。Windows8.1まで対応しているのなら、Windows10でも基本的な機能は動きそうだなと思っているのですが。具体的な障害事例はありますか。

Answer

Windows10へのクライアントアクセス(IBM i Access for Windows)の導入はご遠慮ください。Windows10上での動きをメーカーは保証致しません。
具体例として、弊社で受付した事例では、セッションがある日急に起動しなくなり、CAごとアンインストールしようとするも、アンインストールも失敗してしまったという報告がありました。発生タイミングから、その原因としてWindows Updateが考えられます。Windows10のWindows Updateへの対応は考慮されていないため、今後も別の障害が発生する可能性があります。また、当然ながら、OS自体に対応していないため、Windows Updateにだけ気をつけていれば問題が出ないという保証はありません。
非常に厄介な話なのですが、上記のように、対応外のクライアントアクセスを導入してしまった後、しばらくは問題なく動作するケースが多いです。そのため、担当者が1~数台でのテスト期間を設けた後、問題無いと判断し多数のPCに頒布してしまい、後日その中の複数台で原因不明の障害が発生してしまうというケースがございます。上記の障害内容にもある通り、アンインストールもできなくなる事が多く、対応外PCのためメーカー推奨の削除方法などもないので、対処方法としては、お客様判断でオブジェクト削除やシステム復元、スクラッチ等の対応をする他ありません。是非とも対応OSを確認した上で適正な製品の導入を行うようお願い致します。

ページトップ

ボタン