2017.9.28
 

NetServer使用不可ユーザーを5250画面から解除したい(専用メニューGO NETS作成方法)

Question

NetServerを利用してIFSのフォルダに直接CSVを置いたり、ASで作成したCSVを取り出したりしています。時々パスワードの失敗などで特定のユーザープロファイルのみIFSフォルダへのアクセスができなくなることがあり、そういった時はいつもiナビ(System i Navigator)で「使用不可ユーザーID」画面で使用不可を解除するのですが、今後Windows10にPCを変更するため、iナビが使えなくなってしまいます。毎回iナビを開くのも手間でしたので、もし5250画面から解除する方法があれば教えてください。

Answer

NetServer専用のメニューGO NETSを利用すると簡単に5250画面から解除が可能です。 GO NETSは最初からOS上に存在するメニューではありません。ライセンスSS1のオプション7「例題ツールライブラリー」が導入されているマシン環境でそのライセンスライブラリQUSRTOOL内のPGMを実行して作成するものです。

IBMから作成手順が案内されています。上から順番にコマンドをコピーペーストして実行していくと、ライブラリNETSRVCMD内に専用メニューGO NETSが作成されます。
http://www-01.ibm.com/support/docview.wss?uid=nas8N1021773
GO NETS メニュー内「12. Work with NetServer Users」で使用不可ユーザーを一覧でき、オプション7を使って使用可能に戻すことができます。

ページトップ

ボタン