2013.11.20
 

IBM Storwize Family Software for Flex System V7000 V7.2 によりパフォーマンスの向上とストレージ管理の簡素化を実現

IBM Storwize Family Software for Flex System V7000 V7.2 は、 IBM PureFlex System および IBM Flex System 用の統合ストレージ・システムである Flex System V7000 Storage Node で Software-Defined Storage 機能を使用できるようにします。このオファリングは、以下を通して、顧客がストレージ管理の複雑さを軽減してコストを削減する上で役立ちます。

  • ストレージ・ボリュームの管理を集中化して、管理者が単一点からストレージ・ボリュームを管理できるようにする
  • 仮想ボリュームによってストレージ容量の使用効率を向上させ、以前に未使用だった
  • ディスク容量をビジネスに利用できるようにする
  • バックアップ、メンテナンス、およびアップグレードのためのダウン時間を回避する
  • アプリケーションを中断せずにデータ・マイグレーションを実行する
  • 仮想ボリューム (標準、圧縮、シン・プロビジョニング) を望ましい特性で作成するためのストレージ・プールにすべてのストレージ・デバイスを編成できるようにする
  • Virtual Storage Center、 Tivoli® Storage Productivity Center (プラットフォームに適用可能な場合)、および Tivoli Storage FlashCopy Manager (プラットフォームに適用可能な場合) のストレージ・リソース管理の自動化を活用する
  • Easy Tier によって、ソリッド・ステート・デバイスを使用するストレージ・プールのパフォーマンス効率を向上させる
  • ファイバー・チャネル、Fibre Channel over Ethernet (FCoE)、および IP ネットワークにわたり、近接およびリモートのコピー機能によってデータ・アクセスを迅速に復元する

IBM Storwize Family Software V7.2 は、既存の IP インフラストラクチャーで簡単に構成できる、IP ネットワークを介したレプリケーションを導入します。これは、現行のファイバー・チャネル・ベースおよび FCoE ベースの複製に代わる低コストの手段であり、FCIP ルーターおよびダーク・ファイバーの必要性をなくします。 Storwize Family Software の IP レプリケーション機能を導入することにより、サーバーの CPU および管理のオーバーヘッドが解放され、すべてのサーバー・タイプに単一のレプリケーション制御点を使用できます。

リモート・ミラーリングおよび VMware の環境におけるパフォーマンスの改善は、VMware 5.5 のサポートのメリットを享受し、vSphere API for Storage Awareness のプロバイダーとして機能します。

ページトップ

ボタン