2015.02.25
Dan Burger著

重要な時、重要なスキル

IBM iの各ショップは自社のIT関連従業員のパフォーマンスをチューニングするよりもインフラをチューニングする態勢の方が整っています。これは一見、眉をひそめることではないかもしれません。しかしながら、事実は、自社のインフラのパフォーマンスを調整しているIBM iショップは比較的少ないのです。このことは、トレーニングと教育への投資に関して何を物語っているのでしょうか。従業員のスキルへの投資を止めている会社が有るということです。

私はこの件でJon ParisとSusan Gantnerと先般対談しました。この二人はIBM iプログラマーのトレーニングに年に300日以上を費やしています。スキル開発に関心を持っている少数のIBM iショップのIBM iプログラマーを教育しています。また、ビジネスの問題解決と意思決定をサポートする能力を伸ばすことを目的としているITプロジェクトに携わる人々を教育しています。

この二人は、IBM iの開発チームが直面している最も喫緊の課題は、コードのモダニゼーション、ユーザーインターフェースと開発スキルを含むプロジェクトとこれを追随する総合プロジェクト、及びDB2 for iのさらなる効率的な使用だと言います。彼らの見識はRPG & DB2 Summitに参加した1,000人に対して最近行った調査に基づいています。RPG & DB2 SummitはParis氏、Gantner氏、及び仲間のPaul Tuohyによって組織されて年に2回開催され、8年前に始まったコンファレンスです。

「課題はスキルが最新であれば課題とはならない」とParisは言います。
IBM iショップのITスタッフは自分たちの組織の管理教育を受けるべきです。管理には、IT部門がスキルとテクノロジーに関していかにあるべきかの明確な見解を持っていることが必要です。

モダニゼーションは管理教育を必要とする課題のひとつです。教育不在の場合、誤った意思決定を行い、明確なビジョンを持っていればもっと良い選択ができたであろうと後になって後悔することになります。
「我々はその企業との共同作業ですべてのマネージャーの机上にダッシュボードを配備した」とParisは思い出を語ります。さらに「そのダッシュボードはすべてのシステム上のアプリケーションとそのパフォーマンスレベルを表示するものであり、メインフレームを除くすべてを網羅していた。ところが、その企業は突然アプリケーションをモダナイズし、複数のプログラマーを採用している。ひとつのシステムがそのダッシュボード上で常にグリーン(安全)であったことが理由。経営層は、毎日i は大変信頼でき安心出来ると言い聞かされた。そのシステムの正当化だった。私はすべてのマネージャーのコンピュータ上にパフォーマンス監視ダッシュボードを置くべきだと思った。彼らに彼ら自身の結論を引き出させるため」とParisは語りました。

統合化は経営層の注目に値するもうひとつのテーマです。経営層はiを排除することではなく、iを統合することの価値を理解するべきです。フリーフォームのRPGとSQLといったテクノロジーは統合化された環境でIBM i の価値を高めます。RPGのコードがもはや固定形式ではないために、Javaと.NETサイドのアプリケーション開発者とのディスカッションの共通ポイントという点になると協力が得られ、またSQLについても同じであり、このことは社内のOracleとSQL Serverサイドの人々と共通の立場を築くことになります。

Parisは「フリーフォームのRPGとSQLの導入に気乗りがしていない人々にとっても、プログラマーの採用にいかに役に立つか解る」「プラットフォームが古い型式であるためではなく、スタッフを得られないために除去するのが最大の脅威であることを人々は認識しつつある。これは此処数年で確実に増加してきている」と述べています。
またGartnerによれば、先般のRPG & DB2 Summitでは若い開発者の数が増えて今までの記録を破っています。「30歳以下の開発者は他の言語でトレーニングを受けてきており、彼らはオンザジョブでRPGを学んでいる」「Free Form RPG、SQL、及びRSEに対して強い熱意が見られ、実にすばらしいこと。これらはRPGに携わる人々と他のIT業界の人々が互いに理解するのに役立つテクノロジーであり、最も重要なことは、これらのテクノロジーがRPGの美しさを若い開発者たちに感じさせて、行く先に見えるIBM i開発者の不足を解決するのに役立つであろうこと」とParisは述べています。
また「毎年、新しくいっそう優れたコーディングの方法が持ち込まれる。RPGの開発者にとってスキルを定期的にリフレッシュすることが以前よりもいっそう重要になっている。それは単に効率の問題ではなく、自分のアプリケーションを新しい要求に適合させる新たなテクニックの使用に関すること。私は自分が過去数年間に構築したアプリケーションに誇りを持っている。私はそれらに新鮮さと関連性を維持したい。新しい世代の開発者たちがこれらのアプリケーションは美しくないとの理由で棄て去って欲しくない」と語りました。

ページトップ

ボタン