セミナー情報

IBMユーザーのみならず全ての経営者と技術者に有効なセミナー・イベント・展示会の情報をご案内しております。是非、ご活用下さい。

セミナー名 仙台開催『情報セキュリティ対策ソリューションセミナー』
主催 株式会社サードウェーブソリューションズ
ベル・データ株式会社
開催日 2017年6月7日(水)
会場 宮城県仙台市青葉区本町2丁目10-33 第2日本オフィスビル 2階会議室
参加費 無料/事前登録制
内容 昨今の情報セキュリティに対する脅威に対して、 それらに対する対応策は一進一退を繰り返しております。「どこから手をつければ良いか分からない」「どこまで対策すればよいのかわからない」などの課題を抱える企業が多くなっており、どの分野に 重点的な対策を実施すべきかの判断は困難を極めます。当セミナーでは情報セキュリティ対策の重要性と、その管理体制強化のために講ずるべき具体的な 措置について、最新ソリューションの紹介を交えて ご案内いたします。
セミナー名 Interop Tokyo 2017
主催 Interop Tokyo 実行委員会
開催日 2017年6月7日(水)~9日(金)
会場 千葉県千葉市美浜区中瀬2-1 幕張メッセ(国際展示場/国際会議場)
参加費 無料/事前登録制
内容 Interop(インターロップ)は世界で開催されている、 ネットワークコンピューティングに特化したテクノロジーとビジネスのリーディングイベントです。日本では1994年の初開催以来、2017年で24回目の開催を迎えます。会場ではデモンストレーションなどを通じてICTの最新技術をご覧いただけます。約500社を超える企業の最新情報がご覧いただけます。
セミナー名 @ITセキュリティセミナー 東京・大阪・福岡ロードショー
主催 @IT編集部
開催日 (大阪)2017年6月2日(金)/(東京)2017年6月28日(水)/(福岡)2017年6月30日(金)
会場 主催者のホームページをご覧ください
参加費 無料/事前登録制
内容 2017年の@IT読者調査では、51%が「標的型攻撃や不正アクセス等を受けたことがある」と回答。CSIRT構築済・構築中・検討中の企業は7割を超え、インシデント対応強化の必要性を感じている企業を含めると9割を超えます。 標的は、企業のデータだけではありません。社会インフラや工場を支えるIoT/制御システムへの攻撃はすでに現実の脅威。今回お話いただく中部電力、パナソニックをはじめ、それぞれの組織が、実効性のある防御、検知の仕組み、インシデント対応を模索しています。
本ロードショーでは、多くの視点からリアルで生々しい脅威の実態を明らかにします。
「今の対策は本当に有効と言えるのか」「どうすれば懸念や課題を解決できるのか」現実と向き合い、じっくりと悩む一日を提供いたします。
セミナー名 コールセンター/CRM デモ&コンファレンス 2017 in 大阪(第10回)
主催 株式会社リックテレコム 月刊コールセンタージャパン、UBMジャパン株式会社
開催日 2017年5月31日(水)~6月1日(木)
会場 大阪市中央区本町橋2番5号 マイドームおおさか3F
参加費 無料/事前登録制
内容 AI(人工知能)、WebRTC技術の活用、チャネルの多様化、運用の効率化、省力化を推進するセルフサービス型サポートなど最新のテクノロジーとノウハウをご紹介します。
セミナー名 侵入されても攻略されないサイバー攻撃対策
主催 @IT編集部
開催日 2017年6月22日(木)
会場 東京都中央区日日本橋1-3-13 東京建物日本橋ビル2階 コングレスクエア日本橋
参加費 無料(事前登録制)
内容 一般的に有効とされてきた防御が攻撃者には通用せず、情報漏えいにつながったケースは数知れません。攻撃者は、十分に思えるセキュリティのほんの少しの隙をついて内部に侵入し、目的を遂行します。これを受け、「侵入されることを前提とした対策」の重要度が増し、事故の発生に備え、インシデントレスポンスへの取り組みを強化する企業が増えています。
しかし、仮想化・ハイブリッドクラウドなど企業インフラは高度化し、インシデントレスポンスに必要なノウハウも変わってきています。例えば、感染した仮想マシンをいち早く特定し、鎮火、復旧までの時間と人的リソースを軽減するためには、具体的にどのような仕組みが必要で、それはIT部門が日々抱える運用負荷と照らし合わせたとき、有効に機能するものなのでしょうか。
本セミナーでは、攻撃者の視点から見た企業セキュリティの隙を明らかにするとともに、インシデントレスポンス能力を高めるために有効なアプローチをお伝えします。
セミナー名 Cloud Days 札幌 2017
主催 日経BP社
開催日 2017年6月13日(火)~14日(水)
会場 北海道札幌市白石区 東札幌6条1丁目1-1 札幌コンベンションセンター
参加費 無料(事前登録制)
内容 デジタル変革を支えるのは、クラウド、IoT(インターネット・オブ・シングス)、人工知能(AI)といった技術。これらの技術の今と明日を知るかどうかが、企業の成否を分けます。勝ち組と負け組は一気に入れ替わります。
正しい変革を実現するためには、技術の動向を正しく理解することが不可欠です。日経BP社では、こうした時代の要請に応え、今年もクラウド、ビッグデータ、IoT、セキュリティ、モバイル、さらには働き方改革、といったテーマを網羅したイベントを6月13、14日に札幌コンベンションセンターで開催します。
セミナー名 Box World Tour Tokyo 2017
主催 株式会社 Box Japan
開催日 2017年6月9日(金)10:00-18:30(受付開始 9:30)
会場 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー東急ホテル
参加費 無料(事前登録制)
内容 ビジネスは時空を越えて絶え間なく動いています。そこで働く人々は、世界中の組織や人とつながり、モバイルなど様々な端末を使い、常にコラボレーションしながら仕事を進めています。 今、経営者に突きつけられている「働き方改革」という大きなチャレンジ。時間や場所に縛られない多様なワークスタイルを実現し、ビジネスのスピードに追随し、現在そして将来にわたって成長を続けていくためには、どうしたらよいでしょうか。一方で、組織の規模に拘らずクラウドの利用が急激に広がり、業務運営に深く関わるようになり、企業はセキュリティの脅威にどう対峙するか、という課題にも直面しています。「働き方を変える」を本当に実践するためにBoxを使うという選択。様々なお客様の実例やBoxが描くこれからの戦略を通じて、新しい働き方を実現するためのヒントを会場でぜひご体感ください。

ページトップ

ボタン