2014.10.30
Ted Holt 著

SQL を使用して IFS ディレクトリーを読み取る

注: この記事に記載のコードはここからダウンロードできます。

Integrated File System (IFS) は素晴らしくて、これがないと、私が非常に愛するこのシステムは過去のものとなってしまうでしょう。にもかかわらず、IFS でファイルを管理するのは大変です。最近私は、SQL を使って IFS ディレクトリーを照会できたらと思い始めました。IBM はそのインターフェースを提供していなかったため、自分で構築しようと決心しました。それがこれです。
最初から始めたわけではありません。何年もの間私物化してきた Bob Cozzi と Scott Klement のコードのおかげで、IFS にアクセスするプログラムを作成しました。すでに手元にあったコードから SQL 関数をまとめてスローするのは難しくありませんでした。
こうしたことに興味がある方は、まずソース・コードを入手する必要があります。私の RTVDIR RPG ソース・メンバーが必要になるでしょう。このメンバーは、上記に示すコード・リンクからダウンロードできます。また、Scott の Web サイトで入手できる Scott Klement の IFSIO_H コピーブックも必要になります。 ソース・コードをシステムにロードしたら、RPG ソースからモジュールとサービス・プログラムを作成します。

技術解説コマンド2-1

xxx は選択したライブラリーの名前を代入します。
次に、RTVDIR SQL 関数を作成します。

技術解説コマンド2-2

するとこうした結果になります。

技術解説コマンド2-3

RTVDIR 関数は他のインターフェースを置き換えません。いまだに IBM Navigator for i および他のインターフェースを使用しています。

ページトップ

ボタン