2016.05.26
Ted Holt 著

RUNSQLSTM の 3 つのソース

Run SQL Statements (RUNSQLSTM) コマンドは、SQL コマンドまたは CL コマンド (あるいはその両方) のファイルを実行します。このコマンドを使用したことがある場合、ソース物理ファイル・メンバーからコマンドが読み取られることはご存じだと思います。しかし、他に 2 箇所で SQL コマンドを読み取ることができることを知っていましたか?

まず、通常のやり方です。ソース物理ファイル SCRIPTS にメンバー LOADPLANTS があります。

技術情報01

PLANTS 表を作成して、その表をデータで初期化するには、以下のようにします。

技術情報02

SQL ステートメントを Integrated File System (IFS) に保存することもできます。現行ディレクトリーのストリーム・ファイル LoadPlants.SQL から同じスクリプトを実行すると、以下のようになります。

技術情報03

最後に、SQL ステートメントをインライン・データ・ファイルに配置することができます。ソース物理ファイル BATCHJOBS にメンバー PLANTLOAD があります。

技術情報04

PLANTS 表を作成し、ロードするには Submit Database Job (SBMDBJOB) コマンドを使用します。

技術情報05

インライン・データ・ファイル方法を使用する人がいるとは思えませんが、IFS から SQL スクリプトを実行する方が可能性があると思いませんか?

ページトップ

ボタン